fc2ブログ

2014/08/11 Mon  14:07
僕がユノと呼んだ日 28話「星のお話し」

僕を抱きかかえたかと思うと
部屋の外を出で無言で歩き出すユノ

数分歩いたところで
庭園にある小高い丘の上に立ち止まる




「ついた」



見回すと辺りは真っ暗で

ひとつだけある小さな灯籠が
ユノの足元をわずかに照らす

静まり返った夜の帳の中
虫の声だけが大きく響いた




「ここは?」



ユノは上を向いて



「空、見てごらん」



言われるままゆっくり空を見上げてみると

そこには
見事なまでの満天の星空が
目の前一面に広がっていた



「昨日の夜さ....
目が覚めてシャワー浴びたって言ったろ

実は眠れなくて...
その前に少しこの周りを走ったんだ
そしたらここ見つけてさ」





「チャンミナに見せたいって思ってた」



初めて見るあまりの壮大な星空の光景に
僕はしばらく言葉を失う




後から知ったこと


この島では乾季には
とても美しい星空を見る事が出来るのだという

無数の星の粒は
接近して降ってくるかの様な迫力があり

天候に恵まれれば
澄んだ夜空は
肉眼では見れない細かい星まで
見つける事が可能な程で

流れ星は短い時間にいくつも流れ

その光景を見た事のある人は
声を揃えて皆
一生忘れる事が出来ないと語る


目の前に限りなく広がる星たちは
まるで宝石の束のように美しく輝いて

真っ黒な夜空に散らばりながら
静かに浮かんでいる


ユノの腕に抱きかかえられている僕は
まるで星空の中を
宙に浮いているかの様な錯覚に陥った



「すごい......
僕... こんなの...
こんな沢山の星...見るの初めてです..」


「うん
俺も昨日見て感動した
一人で見るんじゃ勿体ないなって」



「だから僕を連れてきたの?」



「大切な人と一緒に見たいと思った」





ゆっくりと浮かぶ星たちは

何かを語りかけているかの様に
大きくきらきらと輝いている粒もあれば

主張はしないけれど
控えめに優しく輝いている粒もある



僕達は少しの間

星について語り合った



「星って
輝き方がそれぞれ違うよな..」



「一般的には太陽より温度が高いと明るくて
太陽より温度が低いと暗いと言われてますよね」



「へぇ~なるほど
色や形もそれぞれだよなぁ?」




「温度が高いほど青白っぽく見えて
温度が低いのは赤っぽく見えるみたいです
形はそんなに違いはないけど
自分で光っている星は丸い形をしてるんです」




「ふぅ~ん
チャンミナは星に詳しいんだなぁ~」




「小さい頃は勉強とかの息抜きに
よく自分の部屋から見てました
宇宙人は本当に存在するのかなとか」



「へぇ~
俺は星って特に改めて調べたりする事はなかったかなぁ
光州もわりと綺麗だったけど
これ程のは一生に何度も見れるもんじゃないよな
一体いくつあるんだろう...
何個あるか朝まで数えてみるか?アハハ」




「銀河系の中には
大体2000億個くらいの星があるとされているみたいですね
その中でこうして僕達が夜見ることができるものは
せいぜい3000個くらいですから」


「3000個かぁ.....
大きいのも小さいのも数えたら
ここにはもっとありそうだけどな」



「そうですね
大きさも光り方も様々で
星同士でまるで会話してるみたいに見えますね」



「そうだな..
輝き方はそれぞれ違うけど
皆懸命に自分なりに輝いてるから
そこは人間と一緒かな」



「はい、同じだと思います
自分なりに輝いて行ける事
それって凄く幸せな事だし
大切な事なんじゃないかなって思います」



「うん
外見だけじゃなくてね」



「昔読んだ本に
大切なものは目に見えないって書いてありました」



「それって確か星の王子さまだろ?
俺もそれ昔読ん事あるよ
深いんだよな色々と」



「はい!
あ、でもやっぱり外見も大事かなって...
勿論内面が一番ですけど
その...第一印象もそれなりに大切だし」



「アハーハー
チャンミナらしい答えだな
ごもっとも!」



「はい
星の王子さまのとは意味が違っちゃいましたけどハハ」



「そういえば
昔のチャンミナの星の王子
アレ可愛かった~
ああいうチャンミナまた見たいな」



「あれはあの時限定です
今はぜーったいにあんな格好出来ません」



「今やっても十分可愛いと思うぞ
チャンミナならハナヨメ同様
星の王子もまだまだイケると思うよ」



「イケてたとしてもやりません
ぜーったいにしません!」



「アハーハーハ分かった分かった!
まぁしかしさ...星といえば
星の数ほどの出会いがあるとか言うだろ?
人と人との出会いって奇跡みたいなもんだよな」


「そうですね....
タイミングに左右されるところはあるかもしれないですよね」



「まぁ
俺とチャンミナはどんなタイミングでも出会えてたと思うけどな」



「はい!」



「ところで
俺達って星の相性的にはどんな感じなのかな?」



「僕とヒョンは同じ星座だから
みずがめ座同士がって事ですか?」


「そうそう
性格似てるのかな?俺達?」


「全く違うわけでもないですけど....」



「うん?」



「似てないと思います
血液型や環境によっても変わってくるし...」



「そうか?
俺は結構チャンミナとは
本質的なとこはそっくりなんじゃないかなって思ってるよ」



「う~ん
どうなんでしょう....
でも少なくとも僕とヒョンとでは色んな意味で
表現力が違うかなって思いますけど」




「表現力ねぇ...表現力....表現力......
あぁなるほど!
俺って結構分かりにくいとこあったりするもんなぁ」




「..........
えっと......あの...
みずがめ座同士の相性は...ですね」


「お、うんうん」


「 同じ太陽星座なので結構いいと思います」



「おお!やっぱり!
それで?」



「それでって?」



「それだけ?
恋愛の相性とかは?」




「れ、れんあいですか??///」



「うん」



「みずがめ座同士の恋愛面は....
お互いのプライドを守ることで
うまくやっていけるみたいです..」



「そっかぁ♪相性バッチリかぁ♪
チャンミナはほんとに星に詳しいんだねぇ~」



嬉しそうに目尻を下げて鼻歌を歌うユノ
僕を抱いている右手が揺れる



「ところで..
いつまでもこの体勢ですか?
いい加減ヒョン重くないですか?」


「チャンミナ辛い?」


「いえ...僕は抱かれている方だから
何ともないけどヒョン辛いでしょ?」



ユノはぎゅっと強く腕を固めて




「もうちょっとだけ
こうしていたい」



そう言いながらまた

満天の星空を見上げた









つづく


(この物語はフィクションです)

愛のポチポチいつもありがとうございます!
元気を貰っています(*´ー`*)
更新の励みになってます感謝感激
CYMERA_20140813_135153.jpg

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ


東方神起【동방신기】 YUNHO(윤호) 「夜警日誌(야경꾼 일지)」撮影メイキング 20140808

「夜警日誌」いよいよムソク様登場ですね~

こちらは今までの日本語字幕フルです
1話→こちら

2話→こちら



そしてこちら

かっちょええです!

with (ウィズ) 2014年 10月号
2666983653E864401F302E.jpg



2573683653E8644A0386D1.jpg

きゃ~~~~~




アヘアヘアヘ_○/|_
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起   ジャンル : アイドル・芸能

Comment

☆ 一時間後にふただびアンニョン(^^ゞ

27話コメ欄開いてる間に、28話更新されてた様ですね…(^^ゞテヘペロ←

ユノヒョンたら、満天の星を見せるためだったのねぇ、それも、抱っこしたままで。
ロマンチックウ~(*^o^*)
チャミ、そのままユノヒョンのホッペに
チュツ(*^3(*^o^*)してあげて♪

そして星に詳しいなぁーチャミ…じゃなくて
Yunaさん(^^)勉強になりましたよぅ。

懐かしいチャミの星の王子さま…かばいかったですよね~♪
チャンミン、星の王子さまもまだまだイケます!オーゲーですよ、モチのロン(^^)v
TI AMOであんな少年顔できちゃうチャンミンだもんね♪

日本語字幕のムソク様、ありがとうございます!(*^^*)
チャミをお姫様抱っこしたユノヒョン…どうするのかなぁ??
そのままスクワットじゃ、ダメよダメダメ~

☆ 

満点の星空。
なんか涙でちゃったわ…

YUNAさんのお話は、YUNAさんの優しい人柄がでてる、優しいお話ですね。
癒される…。

ありきたりのことしか書けないけど、このままこの二人を眺めていたいな…(頭の中では完全映像化されてます)

☆ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ ヨッシーさんへ

こんにちわ^^

丘の上は星を見るためでしたハイ^^
満天の星空の中でお姫様抱っこされてるチャンミンを
思い浮かべてもらえると嬉しいです^^
そして私、星にはぜっんぜん詳しくないですよぉ^^;;
チャミの星の王子さまはかばいかったですよね~

> そのままスクワットじゃ、ダメよダメダメ~
    ↑
ウケましたwww
小説じゃなくて妄想劇場だったら絶対こっちの展開の方が面白い!

コメントありがとうございました!

☆ 竹子さんへ

こんにちわ^^

温かい言葉をありがとうございます^^
空って普段忙しいと改めて見ることなんてなくて
こんなに星って綺麗だったんだなって思う時ありますよねー
ユノもチャンミンも星空の下
たわいのない話で過ごせる時間がいつかあったらいいなって願望です^^
お話も終盤と言いつつ長く引っ張ってしまっていますけど
読んで頂けてありがたいです(涙)

コメントありがとうございました!

☆ 鍵コメ****さんへ

こんにちわ^^

ユノはストレートに見えてわりかし繊細な感じしますね^^
突き進んだら案外チャンミンの方が
大胆に走るタイプなんじゃないかなとか思いますハイ(妄想)
んで、表紙の2人はヤバいですね~
今は全く違うビジュアルな二人(笑)進化が早すぎる~
そして色々と本当にありがとんございました^^
感謝感激でしたまたよろぴくお願いしますっ!

コメントありがとうございました!

☆ ムソクさまぁー

Yunaさん、みなさん、おこんにちわ。
ムソク登場しましたね、あの回し蹴り、凄すぎる。普通できません、さすがテコンドー、有段者です。

でも3話はユノ、ムソク登場シーンのみ捕獲、2話までは日本語字幕付き見ました。ホントに有難いです。
結構その世界に引き込まれちゃいましたわ。

お話しの2人はお姫様抱っこのまま、お星様を、見に来たんですね。ふふふ、西表島で見た、満天のお星様
流れ星があちらこちらで見られて凄かったなあ。真っ暗だから、余計綺麗で天然プラネタリウムのようでした。

そのまま、濃厚ちゅうきぼうします。(笑)

☆ Yukanandaさんへ

おこんにちわ^^

ムソク様、映像全部まだ見れてないんですけど
回し蹴り凄かったですね~~~華麗すぎて~~
ドラマのストーリーも面白いですよね。
あぁでも何故か家のPC固まる~(泣)
そして満点のお星様
日本でも外国でも島だと沢山の星が見れますね^^
流れ星とか見ていられるその時間が幸せ感じます。

コメントありがとうございました!

☆ コメ返のあとに、こんばんは^_^

yunaさん☆皆さん♪こんばんは(^-^*)/

yunaさん☆小説の更新ありがとうございます(*^_^*)

ユノがチャンミンをお姫様抱っこして、小高い丘に連れて行ったのは、満天の星空を見せたかったからなんですね~(#^.^#)

ユノヒョンも、チャンミンも、ロマンチストですね~♪

ユノヒョンの意味深な言葉とチャンミンを抱っこしたままいたいなんて~←キャー(//△//)

この二人~♪このあとどうなるの~♪♪♪続きが気になります♪

そして、withの二人♪カプーじゃないですか~?サランが溢れてますよ~(#^.^#)

今週は、SMTソウル公演があるので、久しぶりに二人が一緒に見られますよね~♪♪♪楽しみです^_^

☆ クッチさんへ

こんにちわ(^_^)

満天の星空での二人
妄想だけで癒されました(涙)
でもチャンミンは本当に星とかに詳しそう(*^_^*)
そしてSMT
もうすぐですねー!
衣装とかも楽しみだな~~
サジン沢山UPされます様に(^o^)

コメントありがとうございました!

☆ あったかーい♡

YUNAさん、皆さんこんばんは。

満点の星空の下、ユノとユノにお姫様抱っこされるチャンミン、とってもロマンチックです♡
「一人で見るんじゃ勿体ない」「大切な人と一緒に見たい」か……。YUNAさんの小説は、読んでてあったかーい気持ちにさせてくれます(*´ω`*)。
そして、ユノ&チャンミン星は、目に見えない努力とか、信念、優しさ、愛とか色んな大切な物が詰まっていて、私たちペンは、二千億個ある星の中でも、二人の星はすぐ見つけられるな。それくらいいつも、強く美しく輝いてくれてるな。と思いました(*^^*)

そしてそして、ムソクユノ~♡♡♡
飛んでくる瓦割るシーン、パンチ、パンチ、キーック!!
激かっこよかった~(涙)
今朝、早朝出勤で5時起きだったんですけど、これ見て、目ばっちり覚めましたわ。何度も見すぎて出遅れましたが(笑)。

☆ ぴのゆのさんへ

こんにちわ^^

ぴのゆのさんの語るユノ&チャンミンの星
凄くしゅてきです~~~
二千億個ある星の中でも二人の星はすぐ見つけられる..
本当にそうですね!
美しくて温かくて
ずっとずっと見ていたいたったひとつの星だと思います。
そしてムソクユノ!
かっこいいですね~美しくて華麗でやばいやばい~~
なんだかムソクってユノのためにある役だなって思いました^^
これからがまだまだ楽しみですね!

コメントありがとうございました!
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック:]

プロフィール

YUNA

Author:YUNA
ご訪問ありがとうございます☆
東方神起を愛してやまないYUNAと申します
チャンミンのピュアな魅力にどっぷりハマってます♥
ユノが大好きです敬愛しています^^
2人の温かい空気感が大好き
東方神起には夢と希望と幸せを貰っています
他には赤ワインが大好物!!
趣味は?と聞かれると
東方神起と赤ワインと答えてしまいます。どうぞよろしくお願いします(*_ _)ペコリ
コメントはお気軽に♪
トン好き酒好き大歓迎!

♥I LOVE Changmin♥

チャンミン 2017 GIF

最新記事

カテゴリ

Calendar

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ

最新コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

blogram

blogramによるブログ分析

tumblr_mvbtl1cWp21rttj6mo1_500_convert_20131028113630.jpg

僕がユノと呼んだ日 27話「シムチャンミンに戻った僕」 <<         ホーム         >> 僕がユノと呼んだ日 29話「プレジェント」