fc2ブログ

2014/07/21 Mon  20:35
僕がユノと呼んだ日 11話「長い夜」

ベッドの上でうつ伏せのままでいたユノは
しばらくすると寝返りをうち

仰向けに大の字になり
天上を見ながら少し気まずそうな表情で


「あはは..
チャンミナはほんと力が強くなったな
頼もしくてかっこいいよ」


「ヒョン........」


「俺、ちょっと酔ってるみたいだな
悪かった....気にすんな」


「酔ってるの.....?」


「ああ、慣れない酒飲み過ぎたかもな
チャンミナここで寝ろ
俺あっちに寝るから」


「だったら.....
ベッドの端と端で寝ましょう
ダブルだからこんなに広いし」


「いいのか?」


「せっかくのダブルベッドだし...
あっ、せっかくって言うのはつまりその」


「ありがとうチャンミナ」


「は.....い.....」


そう言うとユノはそのままベッドの先端に身体をずらし
横向きに寝返りをうち背中を向けた


僕は部屋の灯りを消して
ユノと反対側のベッドの端の方に横になった


田園で囲まれたこのホテルは外灯がなく
全ての部屋の灯りを消すと真っ暗で
窓の外の薄暗い小さな電球だけが時々点滅している

遠くに流れる川の音や
木の葉が時々風で揺れる音だけが幽かに聞こえて
夜はとても長く感じた



「静かだな」


「そうですね..」


「さっき.......」


「え...?」


「さっき...
お前泣きそうだったろ」


「そんなこと...ないです」


「そんなに嫌だったか?」


暗闇の中でユノは小声で僕に問いかけた


嫌とかそんなんじゃない

僕は僕自身が分からないだけなんだ


僕は一体どうしたいの?

僕はユノとどうなりたいの?



「ヒョン....ひとつ聞いてもいいですか?」


「ん?なに?」



「あの.....ヒョンは.....その....
好きな人とか.....いる..の?...」




それを聞いたからってどうにかなる訳じゃない

知ったところで何かが変わる訳でもない


それでも僕は聞かずにはいられなかった






「とても大切な人はいるよ」



................



あまりのあっさりとしたユノの直球な答えに言葉が詰まった




.


やっぱり.....

あの電話の人はユノの彼女だったんだ....





....聞かなきゃ.....よかった..........





胸にズシンと大きな石を落とされた様に痛みが走る


震える喉が今にも思わぬ言葉を発してしまいそうで僕は何度も必死て息を呑み込んだ


こんな気持ちは

こんなに切ない思いは初めてだった



僕自身....


口では男同士を否定しながらも
実はユノの気持ちに少しだけ期待をしていたのかもしれない


自分といる時のユノは
自分だけを見てくれている様な気がしていた



メンバー同士という関係が

兄と弟の間柄が

いつしか憧れが

自分でも気づかないうちに
形を変えていったのか......


でもそれを認めてしまったら

言葉に出してしまったら

そのあとの僕達の果てはどうなるのだろうかと考えるのが怖くて

自分自身にブレーキをかけて
偽り否定し続けていたのかもしれない


でも今は


何も言える資格のない自分が虚しかった



「チャンミナ」

「チャンミナもう寝た?」



僕は何も答えなかった


風の音が少し強くなり
窓の外の薄暗く点滅されている灯りが滲む

僕は暗闇の中に
ひとりぼっちに置き去りにされた様な気がした



ひんやりとした真夜中の空気に包まれ

しばらくすると
ユノの深い寝息が聞こえてきた



僕は少し身体を起こして

そっと

気付かれないように

決して触れる事のないように


そっとそっと

愛しい背中に寄り添って


聞こえないほどの小さな声で


「....ユノ............おやすみ...」


そう呟いて暗闇の中

やがて眠りに堕ちた



その夜

僕は夢をみた


内容は覚えてはいないけど

それはいつかどこかで見た風景で

とても懐かしくて

温かくて心地良くて

ずっとそこにいたいと思うそんな夢だった


そして

幸せに包まれながら僕は朝を迎えた







つづく


(この物語はフィクションです)


愛のポチポチいつもありがとうございます!
更新の励みになってます感謝感激
1405512250370_convert_20140716220449.jpg

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ



TI AMOの写真集ネタばれ見ましたか~?
やばいですねぇぇ~~~
わたくし、めまいでクラッとなりました^^;;
ひっそりこっそりじっくり見たいお宝サジン満載でございます!
ええ買います!買いますとも~~

そしてEPILOGUEも感動致しました(涙)

‏@cknabnlaue様より
ありがとうございます!


TI AMO エピローグ ユノ訳

TI AMO エピローグ チャンミン訳

胸アツ・・・(´;д;`)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起   ジャンル : アイドル・芸能

Comment

☆ 11話、長い夜。。。

yunaさん☆皆さん☆こんばんは^_^

長い夜!なんとも言えないです。感想を上手く書けないです。すみませんm(._.)m

話しの続きが気になります♪次の更新が楽しみです♪

そして、TI AMO~!お宝サジンが満載なんですね♪

楽しみですね~(#^.^#)

☆ 愛♡。

YUNA様 こんばんは。

今日のお話、チャンミンが切なくて泣いちゃいました~
チャンミ~~ン。゚(゚´Д`゚)゚。
目覚めた2人はどうなるのかしら?

“愛してる♡” という名の写真集、ネタバレ拝見し、
驚愕致しました (||゜Д゜)ひぃぃぃ
多分、ワタクシのトンペン史上、最大級の投下の予感がしますっ!
まずは、一人でゆっくりじっくり見ます…
何時間かかるかな^^

エピローグも感泣です(T_T)
愛ですね、愛♡

☆ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ 

こんばんは。
我慢できずに初コメです。

あのチャンミンの聞きたいけど怖くて聞けない、そして中途半端な質問と思い込み。 もうそんな経験は遠い昔で忘れてたのに、なんだか思い出しちゃった。
ユノ、大切なひとを早くなんとかしてあげて。

☆ 

YUNA姉、おかえりなさいませ(^^)

もどかしいっ、もどかしいわっ!!
初恋?みたいな。
どーしていいのかわからないのよね。たぶん。
素直になればいいのよっ!
自分の気持ちを素直に認めなさいっ!

とか思いながら読んでます。
さてさて、姉さんの書く二人はこのあとどうするのかしら?

リアルな二人の絆は固いですね~。愛が溢れてますよ(//∇//)

☆ 

現実と(同性)変わり始めている自分の感情に、混乱しているチャンミン!

早く、気付いて~♡
ユノの大切に思ってるのはチャンミンなんだよ~

TiAmo……まだ、お楽しみは取って置こうと思ってたけど、ダダ漏れの2人をみて我慢出来なくなるなってポチしそう…

翻訳素敵ですね。相手がユノだから、チャンミンだからここまでこれたんですよね♪

私もユノとチャンミンだから、ここまで夢中になれたんだと思います。

☆ Ti Amo

Yunaさん、皆さん、こんばんは。
今日はバタバタしていて、先程TiAmoのネタバレサジン見てしまいました。リアルが妄想を超えてしまいました。プロローグとエピローグ、なんか2人がきっとペンが考えているであろう2人なんだって実感できました。嬉しいです。
ここでの2人は、まだもどかしいけど、きっと最初はこんな感じだったのかなあ?ってYunaさんに思わされちゃいます。

☆ クッチさんへ

こんにちわ^^

ちょっと今回はシビアでしたね~
愛には波がつきものということで(笑)
TI AMOはやばかったです!
早速ポチりましたよ~~!

コメントありがとうございました!

☆ にゃんみんさんへ

こんにちわ^^

“愛してる♡” という名の写真集
やばいですね~~
私もリアルにひぃ~~~と悲鳴あげました(笑)
全部見るには数日・・いや数ヶ月かかりそう^^;;
隠れてこっそり見なきゃ~

コメントありがとうございました!

☆ 鍵コメ*こさんへ

こんにちわ^^

ただいまでーす!
いつも読んでくれてありがとんごじゃいます^^
TI AMOのエピローグはグッときましたね~
2人の絆は物凄く深いものだと思います。
実際の旅行では言葉が少なそうだけど
心の中の会話は絶やす事がないんでしょうね^^

コメントありがとうございました!

☆ 鍵コメ***oさんへ

こんにちわ^^

読んで頂いてありがとうございます^^
2人のお互いの絆は本当に深いですよね^^
絶対的な何にも例えられない愛がそこには存在しているのかもしれません。
ネタバレ写真はやはり見ちゃいますよね(笑)
私の中では既に19禁になってます!
送られてきたらどこに隠そうか検討中です(爆)

コメントありがとうございました!

☆ 723621mamさんへ

こんにちわ^^

読んで頂いてありがとうございます^^
確かにありましたよね~
遠い昔にそういう経験^^
切ないけどそれも素敵な思いですよね^^
お話は少々切なくなってますけど
ユノにとって一番大切な人はなんてったってチャンミンですから^^

コメントありがとうございました!

☆ 竹子さんへ

こんにちわ^^

ただいまでーす!
初恋かぁ。。いいなぁいいなぁ(遠い目)
お話のチャミは少しばかりややこしい人になってますね(笑)
男同士にやはり迷いが生じている様です。
リアルな二人の絆は固いですよね~
ネタばれも萌え禿げました(涙)

コメントありがとうございました!

☆ なっちゃんさんへ

こんにちわ^^

自分の感情の変化に混乱してますねチャンミン^^
あと一歩というとこが中々難しいとこですよね~
TiAmoはネタばれ見ちゃったらもう即座にポチってしまいました(笑)
ページめくるごとに奇声あげそうです^^;;
翻訳も素敵ですよね~
2人ほんと最高です!

コメントありがとうございました!

☆ Yukanandaさんへ

こんにちわ^^

TiAmoのネタバレはやばかったです!
美味しいとこをてんこ盛りという感じでしたね~
自然体も2人も実にいいっ
全部見るのにどんだけ時間かかるんでしょか^^;;
プロローグとエピローグも素敵でした(涙)
いつの日も2人は温かい感動くれますよね^^

コメントありがとうございました!

☆ お帰りなさい^^YUNAさん

 コメ返後に申し訳ないです
なにしろ、コメしたくてうずうず・・・

「僕がユノと呼んだ日」題名がねっ!
ううん・・深い!
全部読んでから感想をと 思ってたのだけど
ガマンしきれなくて、帰国をお待ちしてましたよ

これはきっと「バリでの出来事」ね^^
普段見慣れない風景の中に身を置くと
人って、自分の心の内を見つめなおしたり
問いかけたり、奥底に潜む自分でも気づかない何か
が見えて来て・・・心を解放するっていうのかな・・

物語のチャミは そういった混沌とした何かが
形になろうとしているのですね
逆にユノは すっかり解ってる
解ってるというより、チャミのような複雑感はなく
ユノの愛は男とか女とか年齢とか動物とか人間とか 関係なく
海のように 広くて深くて大きくて、時に穏やかに時に荒々しくて
・・・そんな彼の中で泳ぎたいと思ってしまうんだよね
みんな
チャミは森の奥にひっそりと存在する湖のようで・・
鳥の旅立つ音にさえゆらゆらと水面がたゆたう
まるでチャミの心の襞のよう

これからどうなるの?
って、深読みしすぎ?
きっとYUNAさんだから・・
気持ちがす~っと綺麗になるような結末
って思ってるのだけど

先日新聞切り抜き整理してて
2009年エイネ前に5人が円陣組んでる写真見つけました
今になって気付いた!びっくり!ユノとチャミの位置が逆なんです
そういやこの時期チャミにとって、きついときで
ユノがチャミを守るように3人との間に入ってるんです
ずっとこうして ユノはチャミを守り、かばい、支え、励まして
そして自分はリーダーとして矢面に立ってきたのだと思うと・・・
今の可愛い弟の成長が、頼もしくて愛おしくてたまらない
ってのがわかります
そりゃあ「TIAMO」だわ!
こりゃ「TIAMO」意外ないわ!
「エピとプロ」を読んで
そんなあれこれを考えながら
YUNAさんの物語の題名を重ね合わせてました

☆ マダムペガさんへ

こんにちわ(^_^)

ただいまです!
色々バタバタしていてまだ片付けも全て終えてません(^-^;
こんなお恥ずかしい文面のストーリーを読んでくださってありがとうございますm(__)m
なるべく腐向きに持っていってますが
表現力の乏しい私には小説ってやっぱ向いてないかもです(笑)
そして
2009年エイネのお話し感動致しました(ToT)
二人はほんといつも守り守られですよね。
その時期はきっと自然な形でユノがチャンミンを守っていたのかもしれないですね(*^_^*)
TIAMOのエピとプロも感動ですよね~
早速、ポチっとしちゃいました!

コメントありがとうございました!

☆ ドキドキ

はじめまして
無断で立読み(笑)させてもらいました☆
仕事の残業中に気分転換を兼ねて

仕事中と言うことを忘れタマラズ1話から読みました~(//∇//)
心の声が漏れる漏れる
家に帰ってジックリ再読させて頂きますね

ドキドキ止まらないです。
続き楽しみにしてます!

☆ うめさんへ

こんにちわ(^_^)
始めまして。

読んでくださってありがとうございますm(__)m
切ない場面もありますがホミン愛で書いております(*^_^*)
気分転換と言ってくれて嬉しいです。
お仕事頑張ってくださいね。

コメントありがとうございました!
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック:]

プロフィール

YUNA

Author:YUNA
ご訪問ありがとうございます☆
東方神起を愛してやまないYUNAと申します
チャンミンのピュアな魅力にどっぷりハマってます♥
ユノが大好きです敬愛しています^^
2人の温かい空気感が大好き
東方神起には夢と希望と幸せを貰っています
他には赤ワインが大好物!!
趣味は?と聞かれると
東方神起と赤ワインと答えてしまいます。どうぞよろしくお願いします(*_ _)ペコリ
コメントはお気軽に♪
トン好き酒好き大歓迎!

♥I LOVE Changmin♥

チャンミン 2017 GIF

最新記事

カテゴリ

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ

最新コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

blogram

blogramによるブログ分析

tumblr_mvbtl1cWp21rttj6mo1_500_convert_20131028113630.jpg

僕がユノと呼んだ日 10話「男同士」 <<         ホーム         >> 僕がユノと呼んだ日 12話「腕の中で」