FC2ブログ

2018/08/27 Mon  15:45
a-nation2018☆お帰りなさい

みなしゃんこんにちわ\^♡^/










東方神起が4年ぶりにヘッドライナーに、Da-iCE / 超特急/ NCT 127 / BoA / m-floら【a-nation】レポート到着





o0960072014254468212.jpg

a-nation 2018 東京
お疲れ様でした





@Tetsuo_Hiraga様より
DlcI5xjV4AEDWOA.jpg


会場全体がブルーからレッドに変わる瞬間
何度見ても鳥肌が立ちます

今年は自宅でエムオン参戦の予定だったんですが
有難いことに前日の夜に友人からのご招待がありまして味スタに急遽行ってまいりました^^

例のごとく東方神起の時間帯に合わせて向かったんだけど今年はハンパない暑さだったゆえ
夕方過ぎてもムシ暑さはそれほど和らぐこともなく着席していてもドバッと汗が吹き出るわけですよ^^;;
ステージに立っているアーティストは体力勝負にもなるわけで本当に大変だっただろうなって思いました

トンの出番の時は雲が多くて月も半分くらい隠れてたんだけど
見る見るうちに月明かりがくっきりしてきてBoleroを歌う頃にはステージの真上に高く煌々と照らされてまん丸に光ってね

サムさんのツイにも月明かりの中で見るbolero...っていうのがあったけど本当に幻想的だった
4年ぶりということで2人も緊張があったかもしれないけど
ダイナミックなRebootから始まりSomebody To Loveでのラストを華やかに飾り
時間の許される限り、これぞ東方神起!というステージを余すことなく魅せてくれました^^
a-nationに東方神起が戻ってきたここでもやっぱりお帰りなさいだよね




o0627108014255089750.jpg

ユノは前半はドヤりが物凄くてMCとかではちょっと緊張も感じられたけど
その気合いやオーラがハンパなくステージ王そのもの
会場のお客さんを引っ張っていく感じで本当にかっこよかった!!



Dlg2SQlVAAErqKy.jpg

ノースリーブの腕も逞しかったなぁ~
途中めちゃ可愛いファンサが抜かれて会場の奇声が凄かったっけ( *´艸`)
イヤモニがちょっと聴きとりにくそうなとこがあったんだけども、バラードもしっとりと歌い上げて
生であれだけの歌唱力は本当に素晴らしくてビギストは誇らしかったと思います



o1200120014254341401.jpg

アロハも爽やかだったよね
夏ならではのこういう感じも好きだな~
バク転もきまって後半はトロッコとかでも凄く弾けていてずっと笑顔だったユノ




o1046120014255309694.jpg

汗だくで最後まで全力で、それでいて華麗でスマートで
4年ぶりの空白なんて嘘のような会場の熱気と一体感
数年前でのエーネの光景が頭をよぎって色んな思いがブワッと込み上げてきましたね~




o0675120014255326160.jpg



大歓声の中、2人が出てきた時ユノが先に目に入って
今回の衣装はわりとシンプルな感じかな~と思ったんだけど




なんと







o1080072014254467589.jpg

\チャンミン膝小僧が見える半パンにソックス /

(゜д゜)



膝小僧
膝小僧
膝小僧
膝小僧
膝小僧

ヒ~←心の中でガッツポーズ




な、、なんて上下がアンバランスなんだ・・・
なんてクソかばいいんだ・・・


2018827-155613.jpg


この衣装賛否両論があるかと思うんでふけど
あたしとしては半パンにソックスで膝小僧が見えるか見えないかはめちゃめちゃ大事で
あと5センチ長かったらアウトだけどこりはもう大絶賛ヽ(*゚∀゚)ノバンザーイ
かばいい。。。かばいいよぅチャンミン
しゃがんで靴紐結んでるとこもキュンキュンだった。。









o1080072014254467592.jpg
グワシッ




ヒ~


そんなかばいい格好でグワシッて・・・
それもガッツリと・・・←心の中でガッツポーズ








o1200100014255275574.jpg

もうね、今回色々とチャンミンにヤられっぱなし(*´д`)
ヘアスタイルもすっごくいがった



o1000100014255275914.jpg

サイドは固めてある感じだったけど前髪やトップはダンスするたびにフッサフサ揺れて
カラーも明るくて衣装とのバランスがバッチグーだったなぁ~
最初から撃ちぬかれっぱなし





o1200067514255275095.jpg

でもって、何度も何度も前髪かき上げるんだよねぇズキューンズキューン
最初はその前髪が乱れ落ちてきていい感じだったんだけどそのうち汗でひっついてきちゃってね^^;;
しまいにはぐっちゃぐちゃになってやっぱオールバックになってたっけ(笑)
でもそこがまたシムらしくてなんとも言えず愛しかった~~~
会場ほんと激暑かったからとにかく水早く被ってクレーって願ってました







o1000100014254964142.jpg

見下ろすような悩殺な眼差し(*´д`)アァァ




o1200100014255275576.jpg
Dlhq2kFUUAEzyV5.jpg
o1200100014254964139.jpg
o1200100014254964140.jpg
あらゆる角度が神(人´ω`*)キャー







o1200100014254964134.jpg
o1200100014254964135.jpg
流し目ウィンク(〃 ̄ω ̄〃)グッヘー

いや~~これにはマイッタマイッタ
ウィンクの後にちょいニヤってするんだよね・・
綺麗でセクチーでうちゅくしくてかっこよくて今回着席だったんだけど座ったまんま腰砕けで立てなくなるかと思った・・・イチコロだわ・・くるじくてもがき悶えてまさにゴキブリホイホイにかかったゴキのごとく・・・・
シムホイホイやるなぁ。おいっ(´;ω;`)←他に例えないんかいっ



そうかと思えば







o1200067414254545790.jpg
カメラ目線ハート


この子のオソロしいところは、あんな必殺なイロっぽい目力でラブラブビームをかましたかと思いきや
こんなあどけないおねだりする様な上目遣いでファンサをしてくるとこです(´;ω;`)ブルブルブル





さらにその後の
ピュアピュアピカピカな天使の笑顔




Screenshot_20180826-183022_1.jpg
(゜д゜)




ヒィィイ~~~~
バシャバシャズルズルズルズブズブズブズブ←果てしない底なし沼奥底に引きずりこまれていく音





_○/|_ アッヘッヘー




とにかくコンニャクになった・・・
あちこち撃ち抜かれてオバちゃんヘロヘロのメロメロでなんだかよう分からん様になって全身の力抜けて朦朧とした・・
クソ暑かったのもあったけど、めっさ心の中でコーフンしたからだろうね^^;;
なんか新鮮だったな~

チャミペンになってからかれこれ7年以上になるけどここにきてますますチャンミンにドキドキしてるっていうか。。何度も魅了されるってこういうことなんだろな。。
ほんと会う度に毎回新しい姿を見せてくれているんだよね(*´ω`*)
これでもかっていうくらい引き出しがあってまだまだ先が楽しみでたまらない


改めてつくづく、ユノとチャンミンを大好きになって
東方神起を待っていて良かったなって心から思ったa-nation2018でした

今後のツアーも期待高まります





o0831120014255310426.jpg

素敵な夏の終わりをありがとう




東方神起大好き:*゚..:。:.(*´∀`人´∀`*):*゚:.。:




しょれでわ本日はこれにて~

愛のポチポチいつもありがとうございます!
更新の励みになってます感謝感激
image_20180402141123ae1.jpg

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ

☆素敵な画像お借りしてます
出処は画像内記載ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起   ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

YUNA

Author:YUNA
ご訪問ありがとうございます☆
東方神起を愛してやまないYUNAと申します
チャンミンのピュアな魅力にどっぷりハマってます♥
ユノが大好きです敬愛しています^^
2人の温かい空気感が大好き
東方神起には夢と希望と幸せを貰っています
他には赤ワインが大好物!!
趣味は?と聞かれると
東方神起と赤ワインと答えてしまいます。どうぞよろしくお願いします(*_ _)ペコリ
コメントはお気軽に♪
トン好き酒好き大歓迎!

♥I LOVE Changmin♥

チャンミン 2017 GIF

最新記事

カテゴリ

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ

最新コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

blogram

blogramによるブログ分析

tumblr_mvbtl1cWp21rttj6mo1_500_convert_20131028113630.jpg

2018-07- <<         ホーム         >> Next >> 2018-09-