FC2ブログ

2014/03/17 Mon  15:35
7集カムバが終わって・・

みなしゃんこんにちわ^^









こちら

23539.jpg
デコチャミかばええっヽ(*´з`*)ノ









23538.jpg
ピースユノしゅてきっ( ̄∇ ̄〃)











234B92385325B2BD069ADD.jpg
2人似てますね









ぜっんぜん違うパーツなのにねぇ



同じとこ見てる2人がクリソツです(*´ω`*)




長年連れ添った夫婦もそうですね





全く別の生活してきた他人同士が一緒になって


いつの間にか年齢を重ねた時に



叔父さんは叔母さんみたいになり

叔母さんは叔父さんみたいになり



知らない間に

兄弟みたいに似てくるんですねこれがまた





不思議なもんです







チャンミン
「ユンホの前では気付かない内に愛嬌を見せている」

  ↑
題名食いつきましたネこれ(_ _*)








ここから本題です




改めて










20140316_1394953707_40296900_1.jpg
7集活動お疲れ様でした<(_ _)>









そして今日うちにやっと・・

















リパケがやってまいりました
リパケ

スターキャスト]東方神起の「スリスリ(Spellbund)」トランプカードの秘密












長かった・・・




7集活動が終了した翌日に届いた事もあってか

手にした時になんだかとめどなく

涙が溢れてきちまいました・・



TENSEと同じように

2人の思いが物凄く込められてるなって思ったから(´;ω;`)






ソロ曲も良すぎた・・・




ユノとチャンミンの新たな可能性をまた見た気がしました。


チャンミンの声はR&Bも凄く合っていますね


歌い方もセクシーだと思いました~~



ユノのソロはとにかく歌声が素晴らしい!



こうきたか!と思いました^^



美しいの一言・・まさにヒーリング


ユノって

こんなに綺麗で繊細な歌い方をする人だったんだと

改めて感心してしまいました。






今の頭の中の方向性は既にTREEなんですが


7集活動も終了しましたので

自分なりにまとめて

今の気持ちを残しておきたいと思ったので

少し書きます




今回の7集アルバムに関しては

以前にも書いたけど

二人の声質が生かされたジャンルが詰め込まれていて

個人的にはパフォだけではなく

音源そのものだけでも

十分クオリティの高いアルバムだったと思っています。



以前の5集~6集は

東方神起らしいと言えば東方神起らしいけど

インパクトのある攻撃的なイメージが強く

それはそれで好きなんですけど


毎回音源だけで聴くとなると

心地良いというよりは構えて聴かないと

身体に入ってこない部分があったので

音源のみでリピで聴くというよりは

やはりパフォ重視という部分も多かったです。



o0426064012809167570_20140317140219cf3.jpg
o0598033712838910183_20140317140353319.jpg




7集に関しては

構えなくても自然と身体にリズムが入ってくる感じと


大人な曲が多くて

今のユノとチャンミンの歳相応なそれぞれの魅力が

最善に発揮されていたと思いました。



2人ゆえ

歌いこなせたという曲が多かったと思います。



2014113-83531_2014031714053492b.jpg



魅せるという意味でも




WhyやCatch meの

インパクト的に強い激しさとはまた違い


Somethingやスリスリは


2人の少し肩が抜けた感じの

それでいて

軽やかなクオリティの高いパフォが華麗にスマートに

今のユノとチャンミンの

大人の魅力を引き出していたと思います。



263532425313B35E1524D0.jpg
o0500061712874555933_20140317141758c00.jpg






Spellboundに関しては

まさに成長したトンバンシンギの魅力を余す事なく

表現した格段の曲だったと思いました。



ステージを魅せるという意味でも

回を重ねるたびにどんどん引き込まれ

もっともっと観ていたいと思わせる魔法の様なパフォでした


個人的にはスリスリがとても好きですが

大衆性を考えると

Somethingをカムバ曲として

リパケに Spellboundをもってきたのは正解だと思いました。



2014310-102335_20140317141800993.jpg




らしいらしくないは

個人的な意見に別れるところだと思いますが

あくまで私の感じた感想でございます<(_ _)>




次のカムバまでには

しばらく時間が空くと思われる中



今回の7集は

ユノとチャンミンの東方神起というカラーを

確立させたんじゃないかと思いました。



カムバの応援方法も

自分の出来るほんの少しの範囲でしか出来なかったけど

それでも少なからず参加出来たのは嬉しかった。。



固まりながらカクカクしか見れない韓国放送の音楽番組を

必死でかじりついて見ていたのも楽しい時間だった



彼らが何話してるのかも分からないけど

インタビューのその表情を見てるだけで癒された





そして1位になれて

2人が嬉しそうにしてた時はやっぱり嬉しかった



201428-113349_20140317151603da5.jpg





勿論、日本の東方神起にしか

興味はないという方もおられると思います。


でも

それはそれでいいんじゃないかと思います。





私はどちらかというと。。


ユノとチャンミンの活動を

自分の追える範囲でですが

今は出来るだけ見ていたいので

韓国活動もとても関心があります。





応援方法も日本とは全く異なりますから

今回のカムバで

嫌気がさしてしまった新規のファンの方も

あるいは少なくないと思います。



日本で活動している時の

日本語で話し日本の曲を歌う東方神起は

そこにはいないので

底知れぬ寂しさゆえ

彼らとの距離を少しおこうと苦戦した方も

おられたかもしれません。



ビギストにとっても

それぞれ色んな気持ちが交差した

今回のカムバ活動だったと思います。




限られた中でも

韓国活動を応援したいと思う気持ちは

やはり二人の成功を願っているからですが



カシオペアだからこそ出来る応援がある様に



本来、ビギストは


ビギストだからこそ出来る応援というものもあると思うし



東方神起にとっておそらく


現在のビギストの勢力って半端ないもので


ユノとチャンミンもそれは十分承知してると思います




そのお互いの思いが

今回の「TREE」のツアーによって

また大いに発揮されるところだと思います。




日本でのツアーも

もしかしたら今回以降、次回開催されるまでには

時間が少し空くかもしれないですが



期待以上のものをいつも

直球に届けてくれるユノとチャンミンに

私達ビギストは誇りを持って

ありったけの大きな愛を飛ばしていきたいですね





もうすぐ始まる日本での東方神起の活動


時間を愛おしみながら

皆様に素敵な思い出が刻まれます様に



勿論、

何かの事情で参加出来ない方々も

思いはいつも一緒です






なんか・・



まとまりつかない文章になってしまいましたが^^;;


リパケが届いて

カードの懐かしい2人を見たりして・・


一気に込み上げてきた思いでした。。




ウザくてすいませんm(_ _;)m




春が来るのが待ち遠しいですね

しょれでわ本日はこれにて~ヽ(*・ω・*)ノマタネー

愛のポチポチいつもありがとうございます!
更新の励みになってます感謝感激
image_201403061215134eb.jpg

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ


☆素敵な画像お借りしてます
出処は画像内記載ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起   ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

YUNA

Author:YUNA
ご訪問ありがとうございます☆
東方神起を愛してやまないYUNAと申します
チャンミンのピュアな魅力にどっぷりハマってます♥
ユノが大好きです敬愛しています^^
2人の温かい空気感が大好き
東方神起には夢と希望と幸せを貰っています
他には赤ワインが大好物!!
趣味は?と聞かれると
東方神起と赤ワインと答えてしまいます。どうぞよろしくお願いします(*_ _)ペコリ
コメントはお気軽に♪
トン好き酒好き大歓迎!

♥I LOVE Changmin♥

チャンミン 2017 GIF

最新記事

カテゴリ

Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ

最新コメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

blogram

blogramによるブログ分析

tumblr_mvbtl1cWp21rttj6mo1_500_convert_20131028113630.jpg

2014-02- <<         ホーム         >> 2014-04-